育児との両立に疲れ「仕事辞めたい」と思った時、救われた言葉は?

結婚して出産し、育児を始める段階になると仕事辞めたいと考えるようになることは珍しいことではないでしょう。育児と仕事を両立させるのはしばしば困難であり、育児休暇を終えた後に職場復帰すらできずに終わってしまう人も珍しくありません。何とか復帰して働き始めても、体力的にも精神的にも厳しくて仕事辞めたいという状況に陥ってしまいがちです。
そう思ってしまったときに夫からふとした声がけを受けるだけでやる気が出てくることがあります。いつも頑張ってくれてありがとうという一言だけで救われたという気持ちになる人は大勢いるのです。それに行動が伴って家事を少し負担してくれたり、通勤のときに車で送迎してくれたりするという状況になるとさらに後押しになって仕事辞めたい時という気持ちが払拭されるのです。
感謝されているというだけでやる気が出てくるのは確かであり、夫の言葉でなくても助けられることがあります。職場で育児をしながらも仕事に熱心に来てくれていることを感謝されることもあるでしょう。ありがとうという言葉や助かったという言葉があるだけで、もう少し仕事を頑張ってみようという気持ちが生まれてきます。
自分から感謝の言葉を求めるのはもってのほかであり、そうしたところで仕事辞めたいという気持ちが薄れるわけではありません。特に意図していなかったのにふとしたタイミングでありがとうと言ってくれることが重要です。そう思ってもらえるようにもう少しだけ努力してみるのが大切になります。

総量規制対象外のカードローンの特徴

カードローンを初めて利用される方は、総量規制の有無はあまり関係ないかもしれません。初回の借り入れで年収の3分の1を借りることは極めて難しいからです。年収450万円の方は150万円まで借り入れ可能ですが、初回で150万円になることはまずありません。初回は30万円が相場となっており、50万円の借り入れができれば上々と考えてよいでしょう。だからこそ総量規制にはあまりこだわる必要がありません。

総量規制対象外のカードローンを選びたい人は、新しいカードローンを持ちたいけど総量規制の上限に達している方です。年収450万円で150万円のカードローン利用があれば、消費者金融からこれ以上借りることはできません。これを超えて借りるためには銀行や信金などの総量規制対象外ローンを選ぶ必要があります。年収の3分の1を超えた借り入れもできますから、大きな金額を調達したいときに重宝するわけです。

総量規制対象外のメリットはおまとめローンとして利用しやすいこともあります。おまとめ対応しているカードローンの場合、他社の借り入れを一本化するために役立ちます。一本化することで返済が簡潔化しますし、延滞をしにくくなるのです。延滞をしないためには借り入れの状況を正確に把握することが大切になってきます。借り入れ先が5社あるよりも、1社のほうが返済が楽になるのは確実です。カードローンをまとめる場合は、今よりも低金利のローンを選ぶようにしてください。
http://www.tppmpsfortransparency.org/cardloanshinsa.php