総量規制対象外のカードローンの特徴

カードローンを初めて利用される方は、総量規制の有無はあまり関係ないかもしれません。初回の借り入れで年収の3分の1を借りることは極めて難しいからです。年収450万円の方は150万円まで借り入れ可能ですが、初回で150万円になることはまずありません。初回は30万円が相場となっており、50万円の借り入れができれば上々と考えてよいでしょう。だからこそ総量規制にはあまりこだわる必要がありません。

総量規制対象外のカードローンを選びたい人は、新しいカードローンを持ちたいけど総量規制の上限に達している方です。年収450万円で150万円のカードローン利用があれば、消費者金融からこれ以上借りることはできません。これを超えて借りるためには銀行や信金などの総量規制対象外ローンを選ぶ必要があります。年収の3分の1を超えた借り入れもできますから、大きな金額を調達したいときに重宝するわけです。

総量規制対象外のメリットはおまとめローンとして利用しやすいこともあります。おまとめ対応しているカードローンの場合、他社の借り入れを一本化するために役立ちます。一本化することで返済が簡潔化しますし、延滞をしにくくなるのです。延滞をしないためには借り入れの状況を正確に把握することが大切になってきます。借り入れ先が5社あるよりも、1社のほうが返済が楽になるのは確実です。カードローンをまとめる場合は、今よりも低金利のローンを選ぶようにしてください。
http://www.tppmpsfortransparency.org/cardloanshinsa.php